不整脈の症状とのその原因

不整脈と一口に言っても、不整脈には突然死を招くような命に危険性があるものから、それほど心配の要らない、一時的なものなど色々な種類のものがあります。

不整脈は正しく治療することによって、現在では多くの方が、通常の日常生活を送ることが出来るようになりました。

不整脈とは?

不整脈とは、平常時における心臓の鼓動が一定ではなくなる状態を指します。

正常な場合、平常時の脈拍は一分間におよそ50〜100回ですが、何らかの原因で不整脈になると、心臓は規則正しい収縮を行なわないために、脈が速くなったり、遅くなったり、脈が飛んでしまったりします。

不整脈の症状

不整脈脈になると、脈が一定でないために、動悸、息切れ、胸が苦しく感じたり、めまいや立ちくらみ、疲労感、吐き気、場合によっては意識を失うこともあります。
ただし、不整脈が軽い場合、多くの人は自覚症状がありません。

不整脈の原因

不整脈は、正しく電気信号が心臓に届かないことによって起こります。

心臓は、定期的な一定の電気信号によって正しく鼓動を繰り返しますが、この電気信号がうまく伝わらない状態です。

不整脈は若年者よりも高齢者になりやすく、心筋梗塞などの心臓病のある人や高血圧の人、また、飲酒・喫煙や精神的ストレスのある人に症状が出やすい病気です。

場合によっては、不整脈の原因を特定することが困難なこともあります。

不整脈の治療

不整脈の治療は、症状が軽い場合はまず生活習慣の改善を行ないます。

過労やストレスを避けるようにし、飲酒喫煙を控えるようにしましょう。 また、栄養バランスのとれた食生活に心がけましょう。

不整脈の症状が重い場合は、薬の服用による治療のほかに、ペースメーカによる治療や、カテーテルと高周波を使った治療、除細動器などによる治療が行なわれます。